*

(過去記事_2013/9)マニラ or ボニファシオグローバルシティ?

      2016/07/25

フィリピンでの初めての不動産投資ということで、信頼と実績のあるアヤラランドで購入しようかと思っていました。
アヤラランドのHP情報では、マカティにあるパークテラスはほぼ完売しており、その隣に建つガーデンタワーズ1の販売をしているとのことでしたので、この物件の情報を聞いてみようと思い、インターネットで事前に訪問の予約を行いアヤラランドプレミアに訪問しました。
オフィスは、マカティの三角公園に面するビルの一つに入っています。エントランスで訪問の為の記帳を行い、颯爽とオフィスに向かいましたが、尋ねてみると、私の予約は入っておらず、しばらく待たされました。
インターネット予約の際も、予約確認の連絡が来なかったので怪しい感じがあったので、予感は的中した感じでした。
(なお、物件情報のメール会員を何度も登録しましたが、こちらも連絡は当然のように来ません。)
その後、当日会社にいた物件の管理担当者が気を利かせて接客していただけたので、ほっとしました。
ガーデンタワーズに興味があると伝えたところ、パンフレット等を用意いただき、また詳しい物件の話を聞いたのですが、お目当てのガーデンタワーズ1は既に完売しており、2013年12月頃にガーデンタワーズ2を販売予定であり、その際にまた連絡していただけるとのことでした。なお、一般販売に先立ち、まずアヤラの関係者、株主等に優先販売され、次に過去にアヤラで売買経験のある富裕層へ紹介され、その残りを販売開始するとのことで、正直、それまでに良い部屋は売り切れてしまうのではないのかという不安が頭に過ぎりました。


日本のマンションでもそうですが、やはり人気物件は販売と同時に売り切れてしまいますが、不人気物件は竣工後も販売を続けて最後に大幅値引きでやっと完売となるので、良い物件を仕込むことは大事であると感じました。
また、不動産は「立地がすべて」です。これはフィリピンだろうが日本だろうが変わりません。
海外等の簡単に物件を見に行く事ができなくても、やはり自分で現地に行き、同じ空気を吸い、実際に生活することを想定して滞在することは重要だなぁと感じました。またその国の情報等も入ってこない場合は、特に現地に行くべき気がしました。

さて、当初購入を想定していたガーデンタワーズは無いことから、最近再開発が始まり振興のオフィス・住宅エリアとして脚光を浴びているボニファシオグローバルシティも見ておきたいと思い、行ってきました。
そこは、マカティからはタクシーで10~15分、100ペソ程度で行けるもっともフィリピンらしくない街でした。高層マンション・事務所が建ち並び、ショッピングモールはバリアフリー(マカティでも町中は段差だらけで、また横断歩道はなく、人は地下の通路を上り下りしなければなりません)で、安全・安心が感じられました。レストランの中は、欧米系の駐在員の家族と裕福なフィリピン人が多く、日本にいるような錯覚さえ覚えました。

DSC01055

DSC01056 (1)

 - フィリピン不動産