South Of Market ボニファシオグローバルシティ

2022年5月14日追記

下記のSouth of Marketは売却済みとなりました。

当初価格交渉も可能ではありましたが、複数先からの買付証を頂き、結果希望価格での売却の運びとなりました。

コロナ禍後の本回復には時間を要すると言えども、BGCで15万ペソ/㎡の価格は破格に安いことが証明されました。

(参考までに、本記事を残しておきます。)

 

 

 

物件概要

地図

価格&利回り

売主様は日本人で、永住目的で購入&自己使用されておりましたが、諸事情等により急いで売却を希望されていることから、マーケットより安い価格での購入が可能な物件です。

売却希望価格の㎡単価は約15万ペソであり、BGCでこの単価水準で買えるのは、コロナ禍によるものであると言えますが、フィリピン国境の再開・経済活動の緩和が急速に進んでいることから、不動産マーケットの回復は早いものと感じています。

同マンションの他の物件は18万ペソ/㎡前後の水準で販売しており、当マーケット水準まで市況が回復するだけで約100万ペソ(約242万円)のキャピタルゲインとなります。

 

一方で、賃貸市場についてはその回復は緩やかです。コロナ禍前よりBGCはコンドミニアムが供給し続けられており、空室率が高止まりしていた背景もあることから、本部屋の成約賃料としては23,000ペソ/月程度ではないかと考えています。

参考までに、コロナ禍前の水準である25,000ペソ前後まで回復すれば、利回りは5.5%に増加します。

 

また、日本円にて国内銀行間での取引も可能なため、為替手数料等を大きく削減することも可能です(フィリピンで支払う税金等を除く)。

なお価格につきましては、常識の範囲内での交渉は可能です。

立地条件/環境

ボニファシオグローバルというマニラの中でも治安の良い・住みやすい街に所在しており、その中でも本South of Marketの立地は、非常に優れています。

地下にスーパーマーケットがあるSM AURAに至近しており、またMarket Market、High Streetのショッピングストリートへもアクセス良好です。

現在開発が進められているMetro Manila Subway(2027年開業目標)のBGC駅がどこに出来るか公式な発表はありませんが、候補とされているMarket Market前に出来るとなると、本物件の価値は更に高まるものと考えられます。

 

建物/部屋

センチュリープロパティ施工の本物件は2棟(North, South Tower)で構成されており、本物件は北棟の39階/41階建に所在します。

コンドミニアムエントランスは、南側に設けられており北側・東側の低層部はコンビニ・クリーニング店・銀行等の店舗として使われています。

共用設備は、コンシェルジュ・プール・ジム等が備えられていますが、プールに関してはやや簡素な造形となっていますが、本部屋の36㎡の単身者が住むコンドミニアムとしては十分な設備であると思います。

 

36㎡の本部屋は、見晴らしの優れた西向きでありVerve Residencesの高さを超えてシャングリラホテルを見ることが出来ます。

また家具付き物件であることから、TV・エアコン・ベッド・冷蔵庫・洗濯機等日常生活に必要なものは全て兼ね備えています。

 

物件写真

お問い合わせ

コロナ禍の完全な終結がまだ見えない中において、海外不動産へ投資するというのは、多くの「勇気」が必要だと思います。

本物件をご覧になり、少しでも興味をお持ちいただけましたら何なりとお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

仲田リアルエステート㈱

080-6631-3939

(折り返しお電話させて頂きます。)