更新が滞っており、失礼しました。

 

ここ最近、経済紙のみならず一般紙においてもフィリピンREITの動きのニュースが格段に増えてきており、第一号の上場時期が近付いているようです。

 

 

 

DSC07498

DSC07593

 

DSC07492

 

アヤラランドREITに続き、Double Dragon、保険会社からのREIT上場も期待されており、2020年はREITの上場ラッシュで株式市場が盛り上がっているかもしれません。

なお、個人的にはREITの上場により、個別不動産のマーケット情報が開示されることを期待しています。

というのは、日本もREITが上場される以前は個別不動産(特に大型案件)の賃料・経費・利回りと言った不動産の収益性に関する情報が皆無でした。

日本におけるREITに取り込む案件については、現在は主に鑑定評価に記載されている情報となりつつありますが、それでも多くの数字(金額)が実態に基づくものと近似している事から、例えばこのオフィスビルの平均賃料坪単価はいくらか、経費率は何%か、利回り何%で物件を取得したのかと言った重要な内容を知ることが出来るようになりました。

現在フィリピンにおいては、公開されている不動産の取引事例はほとんど皆無であることから、これらの情報開示によりフィリピンにおける実際の取引利回りの把握も可能となるのではないかと思います。

 

また記事でも、フィリピン不動産関連株は2010年から年率17%上昇しており、フィリピン全体の株式上昇率:11%を上回る上昇を続けている事からも、今後もフィリピンの経済成長に合わせてREIT株も価格上昇+安定配当も期待できるのではないかと思います。

特に、REITという銘柄が世間に認知される前は、その価値より安く株価が推移する可能性もあることからそのチャンスを逃さないようにしたいです。

 

一緒にフィリピンREIT株を買いましょう!

 

仲田リアルエステート株式会社

連絡先:080-6631-3939
Mail:nakata.re@philipinvest.com
仲田 一成 (なかた かずなり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)