*

セレンドラリーシング報告_内装工事_0422

   

本HPのアップデートが遅くなりましたが、直近の情報を共有させていただきます。

前回記載の通り(詳細はこちら)インテリアデザイナーから受領した作図のイメージをご紹介させて頂きましたが、フィリピンはイースターの大型連休に入り不動産会社を含め皆さんが休みだった為、動きがあまりありませんでした。

さて今週木曜日にそのインテリアデザイナーとの面談を仲介業者に設定できたとの連絡を受け、下記について確認してもらうよう事前に伝えておきました。

①TVボード、ベッド脇の家具、ベッド、シャワーブース等、使用予定の材質・カラー

②内装工事期間、支払い方法

③TV、洗濯機等、新たに設置が必要となる家具等を同時に設置したいが可能か

④オプションとして、フローリング(Wooden Floor)に変更することは可能か、もし可能な場合その費用

⑤オプションとして、浴室の洗面器を変える場合の費用

 

面談で再開した業者の印象は、そのデザイナーは経験豊富で信頼できるという第一印象と変わらないとの事でした。でもPCスキル等は非常に苦手でそれだけがネックのようです。

上記確認依頼については確認できたことは、

①使用予定のカラーのイメージ写真を貰いました。SF4147かSF7522を使う予定との事です。

Color choice

ベッド、家具等のについては選択並びにカスタマイズが可能であるとの事で、私が約2週間後にフィリピンに行く予定であることから、その際に詳細を説明して選んでもらった方がよいとの提案を受けました。

デザイン画像受領後の反応が遅くやや失望していたので、丁寧な対応に期待が高まります!

②内装工事期間としては約1か月、1か月判定度。支払い方法は契約時50%、完了時50%。

仲介曰く、材料の調達等があるので頭で50%払うのは通常との事。例えば30%程度に出来ないか、ネゴ予定です。

今回の工事費は、200,000ペソ(約44万円)なので、契約時に22万円の支払いです。

③TV等の家具の設置は本工事完了後となる。なお家具等の購入はデザイナー経由ではなく、こちらで用意したほうが安上がりではないかとの事ですが、本デザインにマッチするような色合い・デザインの家具を提案してもらう予定です。

④現状のタイル床を今風のフローリングに替える工事ですが、これは大工事となってしまうようです。

タイル床を撤去してフローリングにすれば良いのですが、これは費用が掛かりすぎるので、費用を抑えて行なおうと思うと、タイル床の上に木床を張ることは技術的は可能との事ですが、問題点は

A:床が上がるので有効な天井高が下がってしまう。

→フィリピンのマンションは古い物件でも2,000年代なので元々天井高は高いので大きな問題ではなさそうです。

B:入口ドアと床がフラットなので、入った後に段差が生じてしまい、つまずいて怪我する恐れが生じてしまいます。

日本は靴を脱ぐ習慣があり、床と居室との間には通常段差があるので意識しないかもしれませんが、古いオフィスビルで、OA床を設置するためにオフィス専有部の入口付近がスロープとなっているのを見たことがある方もいるかと思いますが、まさにそれです。

靴を脱がないフィリピン人に対してフローリング床がそれ程アピールポイントとはならない気もしてきており、現時点では、フローリング化はペンディングとしてます。

⑤浴室の洗面器は、前回宿泊したときに物を置くスペースが無くまた洗面器下のスペースが余っているので、これを変えたいと思っています。下の写真のような以前宿泊したSedaホテル(BGC)のような高級感が出せないかと考えています。

dsc02793

改めてデザイナーにて見積書を作成してもらっており、来週前半にも受領予定ですので再度報告します。

 

内装工事については費用は掛かりますが、自分好みの部屋を作っていくという感覚で非常に楽しくなってきました。魅力的な物件となり自分も住みたいと思えるような内装デザインに仕上げていきたいと考えています。

フィリピン不動産投資にご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。

今から取得するのであれば、中古物件を検討したほうがよろしいかと思いますので、お勧めの中古物件をご紹介できればと思います。現地調査にも同行可能です。ご連絡をお待ち申し上げています。

 - フィリピン不動産, ボニファシオグローバルシティ(BGC)