*

フィリピン_Makati RISEは期待以上?

   

シャンプロパティが開発しているMakati RISEの引き渡しが低層階から始まっており、アメニティが非常に充実しており豪華であると聞き早速現地に行って来ましたので報告します。

 

このMakati RISEは何度かご紹介していますが、改めて場所の確認をしましょう。

マカティのオフィスが集積する中心地にも歩いて行ける距離ですので、非常に便利な立地です。

将来的には、マカティの地下鉄駅も付近に出来る予定(詳細記事はこちら)ですので日々悪化する道路渋滞を避けられる地下鉄駅付近を好むオーナー・テナントの需要が高まり、将来的な価格上昇も期待できるのではと感じています。

現地は隣接するSMDCのAir Residenceも竣工真近といった感じです。なおこの2棟は外側に向いた店舗部分は共有するようなデザインとなっています。なおこの2つの物件を見てシャンプロパティはやはりお金を掛けて建設している事を感じさせたのは「駐車場」です。

左側が「RISE」で右側が「AIR」です。RISEは地下駐車場となっていますのですっきりとしたコンドミニアムらしい佇まいとなっていますが、AIRは駐車場が中間層にあるため安い感じが出てしまっています。

 

続いてコンドミニアム内部のアメニティの紹介の前に、1階・2階にあるショッピングモールを紹介します。

出店戦略に重きを置いているスターバックスコーヒーが入っており、しかもそれなりの大きなスペースを占めている事からもこのモールが賑わっていくであろうことも想像できます。

まだ全てのお店がオープンしていませんが、飲食店が充実しているのとダイソーも入っているので利用頻度の高いモールとなるでしょう。

このモールの高級感もさることながら、シャンプロパティのデザイン性を感じさせられたのはEVとトイレです。

DSC09399

DSC09402

モールのトイレというよりエッジのあるホテル、例えばマリオットグループのMoxy大阪といった感じでしょうか。

 

では、コンドミニアム本体に話を移りたいと思います。

メインエントランスはモールの反対側に位置しており、ゆったりとした高級感+デザイン性のあるホテルのようなメインロビーとなっています。

IMG20191117145248

 

このロビーの良さに惹かれて高揚感を感じながらアメニティのあるフロアーに向かうと、またここでシャンプロパティである事を感じさせます。

こちらはミーティングルームです。このコンドミニアムの価格水準としては有り得ない水準かと思います。

続いてゲームルームです。バスケット好きの国民性を反映してますね。

別の部屋にはビリヤード台、カラオケルームもあり、外に出る必要は無いです。

またちょっとした作業・勉強・打ち合わせも出来るようなスペースもあります。

 

勿論プールもあります。まだオープンしていませんでしたが、サウナもあるようです。

DSC09504

 

ジムも2層で充実しており、またキッズルームまであります。

 

これ程充実した物件ですので、人気が出ないわけは無く数か月前と比べても価格が上昇しています。

また引き渡しが済んでいる物件には、キャピタルゲイン税(6%)が掛かってしまうため、その分価格が上がっているという事実もあります。

現在20階まで引き渡しが完了しており、今後高層階の引き渡しが予定されている中で高層階の引き渡しがされていない部屋はキャピタルゲイン税が掛かりませんので、一部の部屋において安く買えるチャンスが残されています。

 

将来性も高いこのMakati RISEをご検討される方は、お早めに行動されることをオススメします。

 

仲田リアルエステート株式会社

連絡先:080-6631-3939
Mail:nakata.re@philipinvest.com
代表取締役  仲田 一成 (なかた かずなり)

 - フィリピン不動産, マカティ(Makati)