*

セレンドラ(Serendra) 購入しました

      2016/12/11

ついにセレンドラ(Serendra)を購入することが出来ました。

当初検討から約3か月かかりましたが、売主が辛抱強く待ってくれたことから購入できました。通常であれば、他者から札が入りましたということで終わってしまいます。事実、本物件も他者から今回の購入金額を上回るオファーを受けていたとの事で、それを断ってまでも待ってくれたことに感謝しています。

決済日は2016年11月11日金曜日でした。当日は午後に口座のあるメトロバンクマニラ支店に向かい、売買代金相当額と小切手相当額の小切手を発行してもらい、売主との待ち合わせ場所であるボニファシオグローバルシティに向かいました。

売買契約の締結並びに決済は事務所で行うものと思っていたのですが、普通のレストランであったことには驚きましたが、特段問題なく行われました。売主の他、登記を行う司法書士も同席し、お互いサインした売買契約書の確認の後、司法書士がスタンプを押すという形式で契約書の交換が行われました。

その後、私から売買代金の小切手を、売主から不動産登記簿の原本と鍵の引き渡しを行い、決済は完了しています。

なお、フィリピンの場合当日中に司法書士が法務局に行き、登記申請ができるほど迅速ではなく、私の名前での登記が完了するまでに1か月程度要します。

この登記制度についても、まだまだ確認したい事項が多々あるので、今回の取引を通じて分かったことは情報共有していきたいと思います。

 

本物件はフィリピンでの稼働物件第一号で正直すべてが手探りからのスタートとなります。

実際のフィリピンコンドミニアムの賃貸市況について、実際の経験に基づく実体験をうそ偽りなく書いていきたいと思いますので、皆さんも参考にしてもらえればと思います。

 

 - フィリピン不動産, ボニファシオグローバルシティ(BGC)