*

フィリピン_地下鉄計画_実はこの駅周辺の物件が狙い目!?

   

DSC02833

 

やっと着工の運びとなりました日本のODAによる地下鉄計画(前回記事はこちら)ですが、構想から40年超とかなり時間を要したようです。

2025年の全線開通を目指しているようですが、既に3年程度遅れるのではないかとの話が出ているようです。

 

また日経新聞の記事では、マニラ首都圏の面積は東京23区とほぼ同じだが、人口は1,200万人と3割多くまた人口流入が続いているとの事ですので、そりゃあ毎日渋滞は発生します。

 

更に混雑に拍車を掛けているのが、現在のMRT3の維持管理をコスト削減目的で住友商事から現地企業、韓国企業へ変えたことから、故障等が多発してしまい、当初1時間当たり20本あった運行台数が現在15本(75%)と酷い状況となっていましたので、2018年末から住友商事による維持管理に戻すことが決まっています。

DSC05443

 

さてこの日本のODAによる地下鉄の駅について改めて確認してみましょう。

今回注目するのは、丸印を付けたBGCの北側の駅です。

BGC North

 

続いて、マカティ市内で計画されている地下鉄計画(詳細はこちら)はこちらです。

同様に注目すべき駅は、丸印のBGC北側の駅です。

BGC norh

そうです、このBGC北側の駅が現在計画されている地下鉄の乗換駅となるのです。

Google Mapで見てみましょう。

カラヤアーンアベニューとマカティ大学とを結ぶ道路の地下に地下鉄が出来るのではないかと思います。

 

以前、オフィスの新規供給で地下鉄の利便性が高いという記事を載せていますが(詳細はこちら)、このBGC北側駅の場所はほぼ正確かと思います。

また少し南側からMegaworldが建設するモノレールにてMR3へとアクセスできるようになります(詳細はこちら)ので、このBGC北側周辺が交通利便性の優れた立地となる可能性が非常に高いです。

現状については、BGC北側はまだまだ開発段階であることも手伝って、一部の中古物件の価格は新築物件の価格と比べて割安となっている物件が見受けられますので、10年程度の長期で投資をお考えの方はぜひ検討すべき立地であると思います。

では具体的にBGC北側のコンドミニアムとしては、

・サンシャインフォート(Sunshine Fort) :野村不動産とフェデラルランドのJV *三越伊勢丹が店舗として入り、建物クオリティも高いが、販売価格は既に将来価値を含んだものとなっている。

・MegaworldのUptownシリーズ

P1020537

 

・フェデラルランドのParkwest/Madison Parkwest/Time Square West/Central Parkwest

image3

 

・Avida:Avida Towers BGC 9th Avenue

 

このAvidaの物件は、建物クオリティはMegaworld・フェデラルランドより劣りますが、安く仕入れることが出来るのであれば、上記の駅から非常に近いことからも現地フィリピン人の賃貸需要の高い物件となる可能性を秘めています。

 

詳細情報、価格、賃料水準等についてご質問等ございましたら、メールにてお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

仲田リアルエステート株式会社

連絡先:080-6631-3939
Mail:nakata.re@philipinvest.com
代表取締役  仲田 一成 (なかた かずなり)

 - フィリピン不動産, ボニファシオグローバルシティ(BGC)